薬になる肉などその他の食材の薬効|牛肉・豚肉・鶏肉

人類はすべて、狩猟生活時代を過ごしてきたのですから、日本人も原始時代には鹿や猪を主とした肉食をしていたに違いありません。しかし、仏教が伝来し、殺生を嫌う教えが広まってから肉食の習慣はなくなっていきました。

とは言え、肉の美味しさの誘惑には勝てず、庶民に肉食を禁じていた徳川家康も「薬食い」と称して、井伊家から献納された近江牛の肉の味噌漬けをよく食していたと言います。

「五段目を 蛇の目に包む 麹町」という川柳があります。五段目とは猪の肉のこと。蛇の目は昔の傘の紙で、実際に東京の麹町、平河町や両国橋辺りには「獣肉屋」があったと言いますから、江戸や明治の頃の庶民も、時々は肉の隠れ食いをしていたのでしょう。

肉は言うまでもなく、必須アミノ酸を十分に含む良質のタンパク源で、漢方でも肉は「胃腸の働きを補い、筋力を増し、排尿を促し、浮腫みをとる」としています。

■牛肉

牛肉にはビタミンB2や鉄分が多く含まれ、体を温める作用が強いので、洋の東西を問わず、病気の回復期には牛肉スープや牛肉粥(細かく叩いた牛肉に生姜汁、醤油、塩を練り混ぜ粥の中に加えて煮込む)が、体力回復の妙薬として使われました。

明治時代に大流行した牛鍋屋は、家康にならって「薬食い」と称し、体力をつけるための薬膳料理として利用されていたようです。

■豚肉

豚肉は、洋風(ステーキ、シチューなど)、中華風(酢豚など)、和風(トンカツ、豚汁など)と、どんな料理にも合い、ビタミンB1が抜群に含まれています。漢方でも「腎気補益(体力・免疫力増強)、解毒、解熱」に効果ありとしています。

■鶏肉

鶏肉はクセのない味で、タンパク含有量も豊富、その上廉価です。ささみは、タンパク質100g中24g、脂肪が0.7gと低脂肪食品で、ビタミンAも牛肉・豚肉の10倍も含まれているので、肉食による肥満を心配する向きには格好のタンパク源です。

漢方では、鶏肉は「肝、肺、腎を補い、風を除き、湿を逐(お)い、気を益し、気を温める。婦人の諸病、諸傷によい……」とされています。

■食の欧米化に伴い患う病気も欧米化

沖縄県民の一日の肉類摂取量は90gと、全国平均の70gの1.3倍も摂るので長寿者が多いと主張する学者がいます。しかし、沖縄の人々の食物は豆腐1.9倍、シイタケ1.8倍、コンブ1.5倍、野菜1.4倍と、他の健康食も全国平均の摂取量をかなり上回っています。

戦後、日本人の食生活は欧米化し、1,950年(昭和25年)と2,000年(平成12年)を比べても、肉9倍、鶏卵7倍、牛乳・乳製品19倍と激増し、逆に米は半分、イモ類1/10と炭水化物の摂取量は激減しました。

その結果、ガンの種類も、胃ガン、子宮頸ガンが減少し、肺、大腸、乳、卵巣、子宮体、前立腺、膵臓などの欧米型ガンが激増しました。脳卒中も脳出血が減り、脳梗塞が増えたのです。その他に、心筋梗塞、痛風、糖尿病などの欧米型の病気が激増をみました。何故でしょうか?

人間の歯の構成から言えば、穀物をすり潰すのに適した臼歯が圧倒的に多く、次に野菜や果物を噛むのに適した門歯が多く、肉や魚を噛み切るのに適した犬歯は、わずか4本(12.5%)に過ぎないのにも関わらず、欧米型の食事では肉類を多食するからです。

つまり、現代人の食生活は、人間に適した食生活のバランスを崩しているのです。だから、病気になるのだと考える方が合理的です。

6tonもの体重を有する象、栄養満点の牛乳を供給してくれる牛は草しか食べません。彼らは、草食用の平たい歯しか持っていないからです。したがって肉類は、家康や明治の人の如く、「薬食い」的に時々食べるのが人間の体には適していて、時々食べれば薬のように体に効くと言えそうです。

人を幸せな気分にし、うつな気分を解消してくれる脳内物質のセロトニン、ドーパミンは必須アミノ酸から作られますが、これは肉類の多く含まれます。その意味で、肉食の重要性を指摘する学者もいます。

漢方の陰陽論で言えば、「うつ」は「冷え」の病気です。うつが北欧人や北日本の人に多いのは、気温と関係があるのかも知れません。その点、肉類は体を温めてくれるので、「気持を明るくしてくれる」と考えられます。「冷え性」や「うつ」気味の人には、確かに肉類、特に赤身の肉類は色彩的にも陽性食物なので有効です。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

■肉食過多の弊害

肉食を続けると腸内環境は悪化、様々な生活習慣病が…
肉食を続けると、腸の過剰な蠕動運動により腸壁の大部分を構成する筋肉が鍛えられて厚く大きくなり内圧が高まり、「憩室」と呼ばれるポケット状の窪みを作り出す。憩室やひだの間に溜まった停滞便は毒素を発生し、その部分の細胞に遺伝子変化を起こさせ、ポリープを作り出し、そしてポリープが成長し、ガン化していく。

人間より体温の高い動物の肉は血を汚す
動物性タンパク質をとり過ぎると、血液はドロドロに汚れ、骨は脆くなる。また、腸内環境(腸相)は悪化し、「憩室」と呼ばれるポケットのようなものが腸壁に出来、そこに毒素や停滞便が溜まり、ポリープやガンの原因となる。動物性タンパク質をとるなら魚介類。タンパク質の必要量は体重1kg当り約1g/日。

有害な窒素残留物(アミン類)となった未消化のタンパク質の様々な弊害 
未消化のタンパク質は有害な窒素残留物(アミン類)となり、様々な害毒(ガン、胃腸炎、胆嚢炎、胆管炎、膵炎、食道炎、肝臓障害、腎障害、アレルギー、アトピー、喘息、骨粗鬆症、痛風、膠原病、心臓病、慢性気管支炎、頭痛、メニエール氏病、精神疾患など)を及ぼす。

タンパク質の過剰摂取は肝臓の負担を増大させる
タンパク質の摂り過ぎは、たとえ質の良いものであっても、摂り過ぎた分は体外に排泄される。余剰のタンパク質はアミノ基→アミノ酸→アンモニア→尿素と変化し、代謝の過程で、肝臓にはもの凄く負担がかかり、痛風や骨粗鬆症を引き寄せることとなる。

肉はスタミナ食は全くの迷信
肉はスタミナ食であるというのは、私たちの思い込みであり、全くの迷信である。ドイツで行われたベルリン市内1週マラソンレース(212キロ)、ベルリンードレスデン間193kmのレースでは菜食主義者が上位をすべて独占しているという事実がある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク




カテゴリー

カイテキオリゴ

控えたい食べ物

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 低血糖症によって細胞へのブドウ糖の供給が不足し、脳と体のエネルギーショック状態が引き起こされる。低血…
  5. 砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低…
  6. 砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、…
  7. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  8. 糖化とは「変性タンパク質」のこと。タンパク質と糖質が結び付き、タンパク質が劣化すること。糖化物質や体…
  9. ジャンクフードやファーストフードの特徴は、1. 安い 2. うまい 3. 脳に悪いの三つ。ジャンクフ…
  10. マックを1日3食、1ヶ月間食べ続けると、初期は、1日1kgずつ太り、3日後には胃の調子が悪くなり、勃…
ページ上部へ戻る